オレ、感動の再会を果たした。彼女が会いに来てくれた。

この日を待ち望んでいたかもしれない。

野良仲間に攻撃的だった当時のオレをよく知っている彼女。オレの保護者だ。

いつも、あの小石だらけの自転車がいっぱいある場所で、「ネリ〜!!」とオレを呼んでは、美味しいものをたくさん食べさせてくれた。オレをものすごく可愛がってくれた。よく覚えている。そうだ。オレはネリと呼ばれいていた。今はくまと呼ばれているが。

ネリ、懐かしい響きだった。彼女は、くまでも良いですよ、と先生に言ったが、オレを当時のようにネリと呼んで撫でてくれた。幸せだった。

名前なんてどうでも良いと思っていたが、この時だけは懐かしさと嬉しさを覚えた。

大好物のササミもたくさんくれた。先生がお礼を言ったが、あれはオレのササミだ。

当時、彼女はオレを自宅にも入れてくれたんだ。そこにはすでに彼女に愛されている見知らぬ猫が住んでいたんだ。オレは、すぐ友達になれると信じて、得意の猛アタックをした。

そして、嫌われた。

彼女は、オレとの暮らしを諦めたんだ。彼女が悪いんじゃない。あの猫は年寄りだったんだ。彼女は猫の幸せをとてもよく考えている。だから、具合の悪くなったオレを野生に返さずに病院に預けた。そして、元気になったオレの里親探しが始まったんだ。まさか、こんなちっこい先生に出会うなんて想像もしていなかったが。運命は不思議だ。あっけなく行き先が決まったあとも、彼女はお土産を持ってオレに会いに来て、お別れをしてくれたんだ。

でもこうしたまた彼女に会えて、オレは幸せ者だと思う。ネリでなく、くまになっても。

ちなみに、先生はオレのことを、くまごろうとか、くろすけとか、くまっちとか、毎回呼び方が適当だ。たまに「くまちゃん♡」と優しい声で近付いてくる。

オレはイラっとして逃げる。

オレは毎日可愛がってくれる看護師が好きなんだ。最近は抱かれるのも悪くないと感じるようになった。

でも先生はオレの腹白いところを笑う。

だからまだ抱かせない。

先生が近づくと、逃げる。

 

 

そして、今日も

猫じゃらしで高速回転するオレがいる。